最大限の住まいづくり マキシマム
  • 安全性
  • 2×4工法
  • 省エネ性

2×4工法


あの札幌時計台も2×4工法。100年以上も時を刻んでいます。


「マキシマム」は、いい意味でハイレベルな潔癖症の性質を持ち合わせておりますので、どなたの住宅品質も均一であり、
耐震性・耐久性・耐火性等すべてに勝る「ツーバイフォー工法」で一貫して施工いたします。

六面体構造

北米生まれの「ツーバイフォー工法」は、日本古来の「軸組工法」とは全く異なる考え方の建築工法です。
「軸組工法」では柱や梁で建物を支えるのに対し、「ツーバイフォー工法」では
パネルで床・壁・屋根を構成して建物を支えます。
つまり「軸組工法」は”線”で、「ツーバーフォー工法」は”面”で建物を支えます。
施工順では床・壁・屋根が初めから面として作られ、その面で箱(六面体)をつくるようにします。

耐震性

世界有数の地震国である日本において、住宅の「耐震性」は最も重要な基本性能です。
日本でツーバイフォー住宅が着実に増えている大きな理由はここにあります。
床・壁・屋根が一体となったモノコック構造のツーバイフォー住宅。
地震の揺れを六面体の建物全体で受け止めて力を分散・吸収し、
荷重が一部分に集中することを防ぐため、地震に対して抜群の強さを発揮します。

耐火性

ツーバイフォー住宅の場合、火の通り道となる床や壁の構造材などが、
ファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断し、火が燃え広がるのを防ぎます。
また、床根太、枠組材などが一定間隔で組まれている床や壁の内部構造は、
防火区域がいくつもつくられているのと同じ状態です。
この2重3重の防火機能をもつ「ファイヤーストップ構造」によって、初期消火の可能性が高く、
火災時の被害を最小限に抑えます。


耐風性

ツーバイフォー住宅は強風に対して、構造的に優れた強度を備えております。
台風以上に強烈なハリケーンが襲う北米で生まれただけに、強風に備える独自のアイデアが随所に採用されています。
その一つが「ハリケーンタイ」と呼ばれる、あおり止め金具です。
「ハリケーンタイ」は屋根の垂木と構造壁をガッチリと連結し、強風にあおられても屋根が吹き飛ばされないようにいたします。

遮音性

車のエンジン音や道路工事の騒音、隣家の生活音など日常の中には様々な音があふれています。
ツーバイフォー住宅は機密性が高く、音の出入れを抑える優れた遮音性を備えております。
壁や天井に使用される石膏ボードも遮音性が高い素材で、音が壁を通り抜けるのを防ぎます。
また、壁の内部に充填される断熱材は、吸音材としても効果的に機能しますが、
「マキシマム」ではこの断熱材を1階の天井にも充填しますので、上下階の音が漏れるのを防止いたします。